平凡な毎日-だがこれがいい- ホーム » スポンサー広告 » 日常 »au-iPhone6Plusを格安SIMに変更してみた。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

au-iPhone6Plusを格安SIMに変更してみた。  

こんばんは!
本格的に寒くなりましたね。
また電気代が上がる・・・( ゚д゚ )
そのお金関係から携帯代(二人で毎月約2万)を減らそうと考えて色々調べた結果、
格安SIMにたどり着きました。

格安SIMで検索すると
色々でてきますねw
大きく分けて日本では大きく分けて
au系SIM
docomo系SIM
の二つで出ているみたい。

au系SIMはauの携帯、docomo系はdocomoの携帯で使用可能らしいです。

私はauのiphone6plusを使っていますので単純にau系SIMを契約すればいいのですが
なんとau系SIMは正式対応バージョンがIOS7までっていう・・・・
私はもう8.4.1( ゚д゚ )
一応、非公式のプロファイルを入れれば解決するようです。
またau系のSIMはすべて支払いが基本クレジットカードのみ・・・
カードはあるのですがやっぱりできるだけ使用は避けたいですね。

基本的にauの携帯にdocomo系SIMを使用することはできない。
ただR-SIM(通称:下駄)という物があり
それを使用することによりau・softbankでもdocomo系SIMを使うことができるらしい。

と!言うわけで、
デビットカードで契約できるところを探した結果。
IIJmioがヒットしました。
契約はクレジットカードと記載されていますが、どうもデビットカードでも契約ができるみたいです。
ただ・・・私はデビットカードを持っていませんでした('A`)
まずはデビットカードの発行からですww
スタートに立たせてもらえないですね(´・ω・`)

デビットカードも色々種類があるみたいで、
その中でも格安SIM契約者の評価が高かったスルガ銀行のデビットカードにしました。
申し込みからカード到着まで約2週間・・・長かった・・・

次にIIJmioに申込み!
契約内容はファミリーシェアプランに選択しました。
と同時にR-SIMもアマゾンでポチりました。
もちろんデビットでね!w
(R-SIMはR-SIM10を注文しました。)

さーってやっとスタートラインですよ。
半月以上まってやっとスタートラインですよ。
長いわ!

-------------------------ここまでのまとめ------------------------
①au系・docomo系SIMが存在する
②基本格安SIM契約はクレジットカード決済
③一部デビットカードの決済も可能
④R-SIMを使えばdocomo系SIMも使えるかも?



というわけで役者は揃った!
20151102-01
20151102-02

今からの流れ
①R-SIMの設定
②auiPhoneでdocomoSIMを使用できるようにする


まず下準備として
①Bluetoothオフ
②4G・LTEをオフ
③FaceTimeオフ
④パスコードオフ
⑤iCloudオフ
⑥アプリをすべて終了

ここまでできたら、
iPhoneのSIMトレイを出し
R-SIMを重ねてセットする。
20151102-03

セットするとこのような画面が出てくるので以下のように押していく。
20151102-04
20151102-05
20151102-06
20151102-07

完了を押すと【SIMなし】又は【圏外】の表示が出ているはずです。

20151102-08



ここでSIMを抜き再度差すと
圏外、又は検索中と出ます。
検索中の場合そのままお待ちください。
圏外の方は再度抜き差ししてください。
何回かやっていると検索中・・・・検索中・・・・docomo3Gという表示なります。
何回やっても圏外の方はSIMが圏外病になっている場合があります。
その場合は、docomoの携帯を用意してそちらに差すと治るみたいです。
幸いにもdocomoのiPhone6を手に入れてるのでどんと来いの状態でした。
ちなみにdocomoiPhone6で治す場合はこの方法
20151102-10
20151102-11

これでやっとdocomoの回線を使用することができました。
20151102-09

あとは4Gなどをオンにするだけなのですが
4Gをオンにすると圏外病やアクチ画面に飛ばされたりします。
ですので安定して使用する場合は3G固定で使用してください。
さらに言うと着信を8割受けることができないみたいです。
うけれなかった着信はメールで着信があったことだけを教えてくれます。
この2点がR-SIMのデメリットになりそうです。

というわけで
今回の経験のまとめ
デメリット
①キャリアメールの使用ができない
②Android版LINEは年齢認証ができない
③R-SIMを使用すると4Gが不安定&着信がなりにくい
④非常に手間がかかる
⑤電話をすごくかける人は逆に高く請求がくる

メリット
①マジ安くなる
②キャリアに縛られない

以上です!
ちなみに今回の節約により毎月15000円得するようになりました。
2年で360000円貯金できるようになりますねwwww
スポンサーサイト

category: 日常

tb: --   cm: 3

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/01/07 08:04 | edit

R-SIM10

はじめまして、とおりがかりの者です。

自分はau iPhone6S Plus と R-SIM10+ で DTI を使用しています。
以前はR-SIM10(黄色下駄)を使ったことがあったのですが、ISMを取っ替え引っ替えしているうちに下駄を壊してしまったので
再度買い直したところ黒いヤツだったのですが、これはどうしてもリンゴマークになってしまいだめでした。
そこでR-SIM10+が出ていたのでそれを使っています。
安定して4Gになります。ただし、VOLTEはNGですが問題ありません。
データ通信をデータ通信だけにすれば良いだけです。

構成プロファイルは最新のものを使います。(Cellular Payload版)を使います。
設定はTMSI.2G3G4G で使っています。

これで安定して4Gが使えています。
気をつけるのは、モバイルデータ通信⇒4Gをオンにする⇒データ通信のみ で使うことだけです。
モバイルデータ通信で音声を使うということがVOLTEです。
もし音声通話の設定をしてしまうと4Gと3Gの切り替えを行う際に圏外になってしまいます。
R-SIM10がVOLTEに対応できていないようですね。

自分の今までの実績としては、下記全て4Gで通信できています。

mineo データ SMSなし
so-net 0SIM データ SMSなし
DTI 音声
※データのみの場合はアンテナピクトが◯◯◯◯◯docomo 4G となり電波強度がわかりません。

参考にしてください。

とおりがかりの者 #q1cvaNjE | URL
2016/03/03 19:01 | edit

R-SIM10(続)

ちなみに、IOS9.2.1 OKです。

現在使用しているのは、IOS9.3.0 ベータ2(だったかな?) です。

それでは。

とおりがかりの者 #q1cvaNjE | URL
2016/03/03 19:05 | edit

コメントの投稿

Secret

今までの訪問者

プロフィール

検索フォーム

カテゴリ

リンク

QRコード

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。